日本酒業界から見た新潟の地酒

長岡藩の日本酒

新潟の酒の歴史

新潟県は、古くは越後と呼ばれた地域で、日本酒作りに欠かせない水や米に恵まれた地域です。
恵まれた環境下で、江戸時代には醸造の技術が本格的になっていましたが、技術を全国へ広める活動も行ってきました。
農閑期の冬場には、越後杜氏と呼ばれる人たちが全国へ出向いて、新潟の酒造りの技術を伝えました。

 

冬の寒さが厳しく、豪雪に見舞われる新潟は、冬場に裏作を行うことが難しい地域です。
ところが、この環境は寒造りにとっては最適ですから、寒さを活かして美味しくなる日本酒が生まれるようになったのです。
使われる水としては、信濃川水系の伏流水が多く、軟水の性質を持っています。

 

伏流水の源流は、越後の山々に積もった雪ですが、ミネラル分も多いのが特徴です。
良質な仕込み水に恵まれた新潟では、明治時代から大正時代にかけても、日本酒作りが本格的に行われました。
戦後の時代には醸造技術がハイテクになりましたが、昔の杜氏から受け継がれた知恵を今でも継承しています。


居酒屋を会場にして結婚のお祝いに似顔絵ウェルカムボードを贈ろう

ウェルカムボードとは店舗や施設の入り口で、参加者や入場者に対してボードに記載された情報を伝えるとともに、
場合によってはイベントの誘導を行なうために設置されている看板のことを指します。

 

居酒屋やレストランの入り口に、ランチメニューやお薦めメニューが書かれたボードや看板が置かれていることがありますが、これもウェルカムボードに含まれるものと捉えておいてください。

 

ウェルカムボードが特に使われるイベントが結婚式です。

 

結婚披露宴会場の入り口に置かれたウェルカムボードに新郎新婦の名前やゲストへ会場説明、
どのような式になるのかの簡易的な説明などが記載されている場合が多くなっています。
そしてこのウェルカムボードは文字だけでなく絵や写真もプリントできるようになっており、
新郎新婦の似顔絵入りでボードが作られるといったことも珍しくないのです。

 

似顔絵入りのウェルカムボードは結婚式の説明や案内だけでなく、式後のプレゼントとしても活用することが可能です。
結婚式に参列した友達ではなく新郎新婦の両親に対して親元から巣立っていく息子と娘の似顔絵が記入されたオリジナルのボードが、
縁入りでプレゼントされるといったケースは珍しくありません。
お皿や湯のみなど至極一般的な粗品のプレゼントでは新郎新婦の両親は喜ばないことが多いことから、
似顔絵入りウェルカムボードが好まれているといった傾向が今の時代はあるのだと認識しておいてください。

 

似顔絵といっても本人の特徴を捉えてデフォルメされたものがほとんどなので、
あまりリアルな似顔絵が記載されることには抵抗があるといった方でも利用しやすくなっています。
リアルすぎる似顔絵を使うくらいなら写真をそのままプリントしたほうがいいといった新婦の方もいらっしゃるので、
デフォルメされた可愛らしい似顔絵を書いてくれる絵師の方に依頼をだすのが望ましいとされています。
ウェルカムボードは可愛く纏めたほうが重宝されるため、作成時には気をつけるべきだと言えるでしょう。

 

居酒屋で結婚披露宴をしたときにとっておきのサプライズがオリジナルメッセージラベルの名入れ酒です。
披露宴の演出に花を咲かせてくれることでしょう。

 

披露宴用の名入れ酒の通販→幻の酒ブライダル館

 

参加者として残念なのは折角の酒の席で、サプライズの名入れ酒が飾りとなり中味を飲んでみたいなと思いつつ
眺めているだけというのが参加者で、ケーキ入党のように都合よくお裾分けされないのが残念。


ホーム RSS購読 サイトマップ